杉咲花

杉咲花さんの両親って実は離婚しているんです…しかも父親母親共に有名人で、離婚理由は父親にあったと思える結婚歴がすごい!

さらに母親の多彩な職業や離婚後の親子関係、腹違いの弟の存在についてもお伝えします!

杉咲花の両親は離婚していた!

杉咲花さんの両親は音楽関係で知り合い1996年結婚。当時父親は37歳で、翌年の1997年に杉咲花さんが誕生しています。

杉咲花さんは10歳で芸能界入りしていますが、子役時代はすでに母方の姓である梶浦花で活動をしているため、2007年よりも以前に離婚していることが判明しています。

母親とは仲が良く、お互いの誕生日を祝う姿をインスタに乗せています。母親は年齢を公開しておらず不明なのですが、のちほど紹介する画像を見ると若そうです!

父親との関係については、2018年4月13日放送の『A-studio』に杉咲花さんが出演した際に「うちはずっと母子家庭です」とコメントしていることから関係は切れているのでしょう。

杉咲花さんの両親が離婚した理由については公表されていませんが、「父親にあったのでは?」と考えられる状況証拠があるので、まずは杉咲花さんの父親について紹介します。

離婚原因は父親・木暮武彦の結婚歴?

杉咲花さんの父親は木暮武彦(こぐれたけひこ)さんで1960年3月8日生まれ。『木暮”shake”武彦』名義、通称『シャケ』とし、ギターリストでありながら作詞作曲もしています。

杉咲花 父親 木暮武彦 シャケ

年を重ねても音楽をされている方っていつまでも若々しい!ロック系の音楽してるんだなっていうのが伝わりますね。

木暮武彦さんは過去に『レベッカ』というバンドを組んでいました。

レベッカ

右下が小暮さんなのですが、ジャケットでたばこくわえてる!今やるとアウトなやつ!冒頭で紹介した画像は最近のものですが、この頃は短髪だったんですね。

『レベッカ』は、木暮武彦さんをリーダーとして1982年2月に結成されたバンド。(当時22歳)

30代でもサビだけは知っている『フレンズ』が発売されたのは、1985年10月21日。

とはいえ、20代10代なら知らない方がほとんどだと思いますが、『フレンズ』はオリコン3位にランクインし、更に当時かなりヒットした曲。この後に出す『RASPBERRY DREAM』『LONELY BUTTERFLY』『MONOTONE BOY』もオリコン10位以内をマークするなど、ヒット曲を連発していました。

木暮武彦さんは『レベッカ』を脱退して、『RED WORRIORS』を結成しました。メンバーはレベッカを一緒に脱退したドラムの小沼達也さん、小川清史さん(ベース)、DIAMONOD☆YUKAIさん(ボーカル)、木暮武彦さんはギターと作詞作曲。

杉咲花 父親 RED WORRIORS

(※左から小川清史さん、DIAMONOD☆YUKAIさん、木暮武彦さん)

現在はドラムの小沼達也さんが脱退したため、3人で活動しています。日本武道館で4回、西武球場で2回、さいたまスーパーアリーナなど大きなステージでライブを何度もしています。

実は、『RED WORRIORS』は活動休止を3度もしているんですよね!1990年、木暮武彦さんは休止時に渡米し、多国籍バンドを結成やソロ活動、2007年から数年に1回ライブをしている状況で、2011年からはソロアルバムもリリース。

『RED WORRIORS』の最近の活動は、2018年5月に『東京国際フォーラム ホールA』にてライブ開催。

ここまで見てみると、人生を謳歌していて、“やりたいことをやる”という印象。

もちろんやりたいことをするために必要な努力もいるし、苦労もされていると思います。好きなことをしているって言葉にすると簡単ですが、実際にやると、やりたいくないこともしなきゃいけない時もありますからね。

『レベッカ』を結成し、デビューしてから約1年で脱退というのも驚きですし、そこから違うバンドを結成して、渡米に3度の活動休止…「自由だなぁ」と思わざるを得ない!

でも『RED WORRIORS』では休みながらも長く活動しているので、周りの親しい人は、慣れていて、良い意味で「またなんか言ってる」と愛されているキャラなのかもしれません。

自分の音楽人生を謳歌しているのが関係しているのか、結婚歴がすごいです!身の回りに中々いないタイプかなと思うので、これまでの木暮武彦さん結婚歴を紹介します。

1人目の嫁:NOKKO

NOKKO

1人目の嫁は、『レベッカ』のボーカルであるNOKKO(のっこ)さん。

本名は保土田信子(旧姓は山田)。結婚していた時期は1990年~93年の3年間で、木暮武彦さんは30歳~33歳、NOKKOさんは27歳~30歳でした。

しかし恋仲になったのは『レベッカ』としてデビューする前の1984年。(当時24歳)この時に二人でバンドを置いてロサンゼルス逃避行するものの夢やぶれて帰国。逃避行中の時を歌にしたのが、『レベッカのフレンズ』と『REDWARRIORSのルシアンヒルの上で』の両楽曲なんですよね!

2人がお付き合いしていた期間は短く、『レベッカ』を結成し、デビューして1年で木暮武彦さんが脱退した1985年1月頃に破局。

ちなみに木暮武彦さんが『レベッカ』を脱退した理由はディレクターと喧嘩だったと、インタビューで答えていました。

クビだったんだけどね(笑)。あまりにも、ディレクターと喧嘩ばっかりになっちゃってね。「これしろ、もっとこうやれ」「ロックにこだわらず、やれ」みたいな意見がでてきてさ。NOKKOは、そんなにロックにこだわっていた人間じゃなかったからね。逆に俺にとって音楽は、ロックだったから、固執してたんだよね。やめるって言う前にクビになっちゃったからね(笑)。

引用元:徳間ジャパンコミュニケーションズにて取材

このインタビューを見ると、木暮武彦さんは、音楽はロックであり、ロックバンドができないのは嫌だった。しかしNOKKOさんはロックにこだわりがなく『レベッカ』を続けていくことを考えていたのでしょう。

離婚理由は、木暮武彦さんの渡米が関係している可能性が高いです。結婚して間もなく木暮武彦さんは1990年に渡米しており、中々会えず、やりとりがうまくいかず、離婚になったのでしょう。

2人目の嫁:チエ・カジウラ

杉咲花 母親 チエ・カジウラ

2人目の嫁は、歌手のチエ・カジウラさん。結婚していた時期は1996年~2000年の4年間で、木暮武彦さんは36歳~40歳ですが、チエ・カジウラさんの年齢は公表していないので不明です。

1995年初シングル『・・・だけどベイビー!!』がオリコン初登場15位で、いきなりのヒット曲を出しています。歌手以外にも多方面でご活躍されているので、その他の職業に関しては下記にて紹介してます。

木暮武彦さんとチエ・カジウラさんの出会いですが、どこにも記載がありません…ですが、1995年にチエ・カジウラさんがデビューし、その頃の木暮武彦さんは帰国しており、サイコデリシャスを立ち上げ、ポニーキャニオンより1stアルバム『不思議な旅』発表。同時に『REDWARRIORS』も活動しているので、仕事をしていく上で出会った可能性が高いでしょう。

2人は1996年に結婚し、杉咲花さんを1997年10月2日に出産。杉咲花が3歳の年2000年に離婚しています。

ちなみに1996年~2000年の間の木暮武彦さんは『REDWARRIORS』でシングルもアルバムも出していますが、その期間にチエ・カジウラさんが曲を出している記録が一切なく、次にリリースしたのが2007年12月19日のミニアルバム『Gift 25 〜A Tribute to Mylene Jenius〜』でした。

育児だけでも大変なのに仕事しながらだとさらに大変ですよね。しかもチエ・カジウラさんの仕事は歌手であり、作詞することもある音楽活動。

子育てをしながらの音楽活動は困難だったはず。そのため木暮武彦さんが仕事に専念し、チエ・カジウラさんが育児に専念していたのかな。

育児をしていたら、行動にある程度の制限ができてしまうのは誰でもあるし、デビューできて音楽活動をがっつりしたいのにできないという葛藤もあったと思う。

結婚し、子どもができてからも以前と変わらず音楽活動をしている木暮武彦さんに対し、一切していないチエ・カジウラさん。育児や家事をあまり手伝わなかったことが考えられるので、そのことが離婚に繋がったのかもしれませんね。

3人目の嫁:一般人の裕子さん

木暮武彦 嫁 裕子

3人目の嫁は、一般人で裕子さんというお方。2004年に結婚しており、当時木暮武彦は44歳、裕子さんは29歳と、15歳年下。年の差婚と聞いてもそんなに驚きませんが、当時は今のように年の差婚が浸透していなかったので、当時は反対されたことでしょう。

しかし、両親が反対しようが結婚せざるを得なかったのでは?ということについてはのちほど紹介します。

2人の出会いや馴れ初め、結婚してからのエピソードですが、裕子さんが一般人ということもあり、情報が上がっていません。

杉咲花の母親・チエカジウラの職業が意外!

杉咲花さんの母親、チエ・カジウラさんの職業は本当に多彩なんですよね!

歌手としてデビューするために、試行錯誤していた時、テレビアニメ『マクロス7』劇中に登場するロックバンド『Fire Bomber』のボーカルを担当することが決まったのです。

『マクロス7』は1994年10月~1995年9月に放送。さらに『マクロス7』のヒロインであるミレーヌ・ジーナスの歌唱部分の吹替担当に!『Fire Bomber』の初シングルかつ、『マクロス7』のエンディングテーマ『・・・だけどベイビー!』がオリコン初登場15位にもなりました。

『Fire Bomber』で曲をだすこともあれば、チエ・カジウラ(ソロ)で曲をだすこともあり、『Fire Bomber』は現在もライブハウスを中心に活動しています。

さらに、洗足音楽大学でボーカルの教師。音楽に関する活動以外にも、キャンドルアーティストしても活躍中で、イベントでキャンドルプロデュース、WEB販売もしています。

杉咲花 母親 職業

こちらは実際に販売されているキャンドルです。種類がとても豊富でどれも素敵!しかもすべてハンドメイド!大きめのサイズなので、1つあるだけでお部屋の雰囲気が一気に変わります♪

親子なので、どれくらい似ているのか…杉咲花さんとチエ・カジウラさんの写真がこちら。

杉咲花 母親 似てる

目の大きさや鼻が似ていますね!チエ・カジウラさんおいくつなんだろう…若そう!初シングルを出したのが1995年なので、この時仮に18歳としても2020年現在43歳!多彩に活動されていることが若さの秘訣なんでしょうね!

木暮武彦さんと離婚後は、チエカジウラさんが杉咲花さんの親権を取得しているようで、この写真の他にも、インスタから仲の良さが感じられます。

この投稿をInstagramで見る

.*・゚☆Happy Birthday☆゚・*. 我が子22歳‼︎ もうすっかり大人です。 そのまま真っ直ぐに 充実した人生を送って欲しいと 願います。貴方が幸せなら こんな私の人生も 意味があったと言うものです。 自転車もスケボーも あっという間に乗れるように なり、なんでもかんでも のみ込みの早い子でした。 今日はスケ変更でバタバタして しまったけど、お昼間から 今年もおめでとう💕 あぁ 22年 月日が経つのが早過ぎます。 ワタシの心は随分と昔に 歳を取ることを忘れたよな そうでもないよな。 体はオンボロになり そのうち抜け殻になるけど 心の真ん中はずっと オンボロにならないよ いつまでも。 母歴も22年目突入!

chiekajiura(@chie.kajiura)がシェアした投稿 –

このインスタでは杉咲花さんのお誕生日を祝っていますが、他の投稿ではチエ・カジウラさんのお誕生日を祝う姿もありました。2人は仲良い親子!

一方父親である木暮武彦さんとの関係ですが、杉咲花さんが3歳の時に別れているので、どういった父親だったのか?など覚えていないですよね。いまさらどう接していいのか分からないうえに、木暮武彦さんには家庭があるので会いにくいでしょう。

杉咲花の兄弟に意外な人物が!

杉咲花さんには腹違いの弟がいるということと、意外な人が兄であると噂になっています!まずは噂に兄から見ていきましょう!

兄が伊藤淳史!?その真相とは!

伊藤淳史

杉咲花さんのお兄さんが伊藤淳史さん?!と噂があります。しかしこの噂はただの噂、お兄さんではありません。一体なぜこのような噂があるのでしょうか?

2016年放送のNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』で2人は共演。この時に顔が似ている!と一部で話題となり、お兄さん説が流れたというのが真相です。

杉咲花 伊藤淳史 比較

たしかに目が大きいところや、鼻の形が少し似ています!とはいえ、「実際にお兄さん?!」とまで噂が流れるのはさすがにナシかな。

ちなみに『とと姉ちゃん』での2人役柄ですが、杉咲花さんはヒロインの三女役で伊藤淳史さんは、ヒロインの次女にプロポーズし、結婚する役柄。役柄で言えば、義兄さんになりますが、実際のお兄さんではありません!

ということで、杉咲花さんにお兄さんはいませんが、実は腹違いの弟がいます!

腹違いの弟がイケメン!

杉咲花さんの父親である木暮武彦さんが3度目、2004年に結婚した裕子さんとの間に1人の息子さんがいます。息子さんである青葉くんが生まれたのは2003年。子どもを授かってから結婚されているんです。

そして青葉くんがイケメンと話題なんです!父親である木暮武彦さんはがギタリストで、顔立ちがはっきりしていますかね。一体どれくらい似ているのか。青葉くんの画像がこちら。

杉咲花 弟

こちらは小学生のころの画像ですが、どちらかといえば母親の裕子さん似!たしかにイケメンであり、小学生なので可愛らしさもありますね。

そして、最近の画像はこちらです。

杉咲花 弟

後ろ姿ですが、大きい!すらっとしてるし、木暮武彦さんとあまり身長が変わりませんね。しかし後ろ姿だけで残念…と思いきや、顔が映っている画像があるんですよ!

杉咲花 弟 ドラム

木暮武彦さんがステージ準備をしているところに自転車で青葉くんが通りすがったため、とった写真。ドラムができるとは!さすがです!そしてイケメン!

2003年から山梨にお住まいなのですが、青葉くんが生まれることがわかり、「自然の中でのびのびと育って欲しい」と山梨の富士河口湖町へ。

なぜ山梨かというと、木暮武彦さんが20代の頃、ツアーのリハーサルにて山中湖のコテージに来たことがあり、「このような森に囲まれた木の家に住んで、その土地のバイブレーションを
感じながら創作活動に打ち込む。これが自分が求めていた生活だと思いました。」

たしかに富士河口湖町は富士山が見える絶景スポット!とはいえ音楽活動をがっつりしたいなら東京に住むのが便利なはず。青葉くんのために実際に引っ越すというのもすごい決断ですね。

文章のみで表現すると、杉咲花さんのご両親は、木暮武彦さんとチエ・カジウラさん。そして腹違いの弟、青葉くんのご両親は木暮武彦さんと裕子さん(一般の方)。図にするとこんな感じです。

杉咲花 家系図

豪華な家族構成!母子家庭で育った杉咲花さんの父親木暮武彦さんの意外な結婚歴が分かりましたね。杉咲花さんは木暮武彦さんとほぼ面識がない様子ですが、母親のチエ・カジウラさんとはかなり仲が良いので見ていて微笑ましくなります。今後も杉咲花さんの活躍ぶりに期待です!